我が家は塗装ができない 

ガンプラ、FSSを中心とした素組み+αの製作記とこれまで集めた玩具のレビューをしています

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: その他いろいろ > Ma.K GANS

Comment (0)  Trackback (0)

「Ma.K GANS」製作記5

シナンジュの製作記もまだ途中ですが、今回は「Ma.Kガンス」製作記5として少しずつ塗り進めていますので、その様子をアップします。

Ma.Kシリーズは10月にラクーンが発売されますね~
これは欲しかった機体なので、すぐにポチりました。
ガンプラに比べればゆっくりの新製品発売ペースですが、まだまだ立体化されていない魅力的な機体もたくさんあるので是非これからも新製品の発売を期待したいです。


今回も塗装にあたり、いくつかの塗料とそのほかのツールを購入しました。

←な感じです。

綿棒は関係ありませんが、シナンジュのエングレ塗装用に購入しました。

個人的には、(まだまだ先の話になると思いますが)タミヤのウェザリングマスターを使用するのが楽しみです。


それでは本編をどうぞ。。。
DSC_4682-1.jpg
今回は3色迷彩に挑戦してみようと思います。

こんな書き方をすると、これまでに2色迷彩は経験済みのように聞こえますが、ご存じのとおりもちろん迷彩塗装なんてしたことがありません。

下地のマホガニーを生かした3色迷彩にしたかったので、あと2色をどうしようか考えました。

そこで思いついたのが森林仕様です。
ガンスはその二足歩行形状で、通常の車輪がついた兵器では入ることのできない場所でも走破することができるハズと妄想を膨らませ、それならやっぱり森林かなぁと。。。

森といえば樹木ですから、茶色と緑色です。こうして2色目は決まりました。

さて、あと1色
もう、↑の写真を見ていただければわかりますが、グレーです。

これは前に、Ma.Kの本を読んでいた時、横山先生が「迷彩って遠くから見るとグレーに見えるんだよね」というような趣旨のことをおっしゃっていたので、短絡的に「ならグレーで塗ってしまおう」となりました。

DSC_4684-1.jpg
迷彩パターンは直線的なものを採用

これはキットに添付されている塗装ガイドを見て、挑戦してみたくなったからです。

↑の写真は塗り始めの様子で、全体を見ながら迷彩パターンを考え、現時点では←のようになっています。

DSC_4685-1.jpg
利用した塗料は「ニュートラルグレー」を基本に、マホガニーとRLM02グレーを混ぜています。

実はもう少し暗いグレーにしたかったのですが、手元に黒の塗料がなかった(自分で驚きました)ので、とりあえず塗り進めました。

DSC_4686-1.jpg
しかし、迷彩パターンって難しいですね~

僕はこれまでミリタリーモデルとか触ったこともないので、迷彩の論理も基礎も効果も全然知りません。。。

そんな時に便利なのがやっぱりWikiですよね~
検索してみました。
==================================================
迷彩(めいさい)は、敵の目を欺くためのカモフラージュ技術の1つで、表面に塗装や染色などされた模様である。装備等への塗装による迷彩を迷彩塗装、迷彩が施された服(特に戦闘服)を迷彩服と言う。
==================================================
なるほど、それくらいは僕も解ります。
続き。。。
==================================================
第二次世界大戦で戦車を有効活用したナチス・ドイツでは、開戦時にはダークグレーが基本塗装色となっていたが、北アフリカ戦線において迷彩色として用いられたサンドイエローがヨーロッパ戦線においても有効である事が示され、後期には基本色がダークイエローに変更された経緯がある。更に前線で上に2色を重ねた3色迷彩が施され、また冬季の降雪時には上から石灰の水溶液などを塗りつけた冬季迷彩が施された。
==================================================
ふむふむ
==================================================
アメリカ軍はベトナム戦争時期までオリーブドラブ単色だったが、1970年代にサンドブラウンを基本にした4色迷彩を採用した。しかしコストや標準化の都合により、80年代にはNATO軍と同じ3色迷彩に切り換えている。湾岸戦争・イラク戦争では現地に合わせたサンド系の塗装が施された。近年は市街戦に適した幾何学的パターンの迷彩も登場している。
==================================================
∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!

ということは、今回僕が採用した幾何学的パターンの迷彩は市街戦用???
森林での運用を妄想して決めたのに。。。
でも、考えてみれば当たり前ですよね

迷彩はカモフラージュですから、幾何学的パターンは直線的な場所にあってこそカモフラージュになるわけで、森林のように完全な直線がない場所で幾何学パターンだったりすると、(色は似ていたとしても)完全なカモフラージュにならないですもんね。。。
DSC_4687-1.jpg

DSC_4688-1.jpg
お恥ずかしい話ですが、この記事を書きながらWiki検索したので、今はちょっとショックです。。。

どうしようかなぁ

でも、冬季迷彩はやりたいので、「冬季の市街地での運用」ということに(脳内)設定を変更して、色を変えようかなぁ

DSC_4689-1.jpg
記事を進めるモチベーションがちょっと低下しましたが、気を取り直して。。。

3色目は濃緑色(2)をベースに塗装しています。

DSC_4690-1.jpg
最初は色目を確認するために小さい面積の場所から。。。

DSC_4691-1.jpg
少しずつ

DSC_4692-1.jpg
少しずつ
全体のバランスを見ながら塗り足していきます。

DSC_4693-1.jpg
脚部まで塗り終えて一旦完成~

DSC_4694-1.jpg

DSC_4695-1.jpg

DSC_4696-1.jpg

DSC_4697-1.jpg
結構気に入っていた迷彩パターンと配色だったので、もう少し緑のパターンを多くして、マホガニー部分を再塗装して。。。なんて考えていましたが、迷彩の根本を外してしまいました。。。

次回アップする時には、何らかの結論を出して進めていると思いますが、配色か迷彩パターンのいずれかが変更になっているかもしれません。

まぁ、これも経験ですね
Ma.Kはいくらでも上から塗装できるので、「そんなに落ち込むなよ」と自分を励ましつつ頑張ります

ではまた

関連記事
スポンサーサイト

Comments






製作記一覧
MASTER GRADE
ZAKU II (DOZLE CUSTOM)

GOUF (M'QUVE CUSTOM)
DSC_5306-tr.jpg
MARASAI (UNICORN COLOR Ver.)
DSC_5013-1-tr.jpg
SINANJU (ANIMATION Ver.)
DSC_4553-1-tr.jpg
GEARA DOGA

CROSSBONE GUNDAM X2

STRIKE GUNDAM+I.W.S.P.

PERFECT STRIKE GUNDAM Ver.RM
DSC_3619-1-tr2.jpg
AILE STRIKE GUNDAM Ver.RM &I.W.S.P.

STRIKE NOIR

JESTA

ReZEL TYPE C [a+bUNIT][GR]
DSC_0799-1-tr.jpg
SINANJU STEIN Ver.Ka

GP02A PHYSALIS
DSC01512-1-tr.jpg
νGUNDAM Ver.Ka
DSC00493-1-tr.jpg
ZAKU II WHITE WOLF
DSC00526-1-tr.jpg
GOUF CUSTOM


HIGH GRADE
SCHWALBE GRAZE

MS Optionset1 & CGS Mobile Worker

GRAZE

GUNDAM BARBATOS

MESSALA


REAL GRADE
Z'GOK (CHAR CUSTOM)
DSC_5682-1-tr.jpg
ZEPHYRANTHES

Z GUNDAM 3


I.M.S.
BATSH the Black Knight

the BANG


その他いろいろ
INGRAM
DSC_4615-1-tr.jpg
BB戦士Hi-νGUNDAM
DSC_2975-1-tr.jpg
BB戦士SAZABI
DSC_3470-1-tr.jpg
VALVRAVE III(火神鳴)

VALVRAVE I(火人)

LBX042 DOT PHASOR


工具 DSC_5209-tr.jpg
製作工具(よく使うもの)
レビュー一覧
GUNDAM FIX FIGURATION
#0001 フルアーマーガンダム

#0003 GP01 ゼフィランサス

#0008 GP02A サイサリス

#0010 ガーベラテトラカスタム

#0014 Ex-Sガンダム(T/F α)

#0015 ヘビーガンダム

#0016a クロスボーンガンダム[X-1]
DSC_0364-1-tr.jpg
#0017b Zプラス
DSC_5998-1-tr.jpg
#0019 ガンダムMk-II

#0025 クスィーガンダム

#0028 ガンキャノン
DSC_0710-1-tr.jpg
#0030 Z II

M/C サイコガンダムMk-II
DSC00856-1-tr.jpg
M/C ガンダムTHE ORIGIN


ROBOT魂 DSC00622-1-tr.jpg
Ka× バイアラン・カスタム
DSC00686-1-tr.jpg
Ka× ガンキャノン・ディテクター

Ka× ボリノーク・サマーン
DSC_5723-1-tr.jpg
Ka× ガンダムMk-V

SIDE HM エルガイムMk-II


S.I.C.
#035 ブレイド

#052 カブト

#057 W サイクロンジョーカー
DSC00537-1-tr.jpg
#064 オーズ・タトバコンボ
DSC_5431-tr.jpg
#067 キックホッパー&パンチホッパー

限定 オーズ・タジャドルコンボ(ロストブレイズVer.)

限定 オーズ・シャウタコンボ

限定 NEW電王ストライクフォーム


合金系玩具
EX合金 エネルガー1969

EX合金 ゲッター1 リペイントver.

EX合金 ゲッター2 リペイントver.

EX合金 ゲッター3 リペイントver.

EX合金 ゲッターシリーズ1&2&3

S.R.C. 真ゲッター1 OVA版

S.R.C. アンチグレンラガン
DSC00591-1-tr.jpg
S.R.C. アクエリオンEVOL

超合金魂 ウォーカーギャリア
DSC_5860-1-tr.jpg
超合金魂 ザブングル

MAX合金 THE ビッグオー

ソフビ人形 ビッグデュオ

ソフビ人形 ビッグファウ


その他いろいろ
D-Arts アリサ・イリーニチナ・アミエーラ神機銃形態(ガンフォーム)装備
DSC_5793-1-tr.jpg
FORMANIA νガンダム
DSC_5637-1-tr.jpg
VARIABLE ACTION 光武(さくら機)
DSC_1535-1-tr.jpg
R.P.R. ビルバイン
DSC_1095-1-tr.jpg
GUNDAM CONVERGE SP02
DSC00984-1-tr.jpg
MAZINGER 1901
DSC00956-1-tr.jpg
L.O.B. vol.1 ダンバイン
欲しいものリスト
欲しいものを載せています。でも買うかどうかは検討中。。。

アマゾン
MG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78 ガンダム(仮) 1/100スケール 色分け済みプラモデル
THE ORIGIN RX-78 ガンダム
HG 1/144 プロトタイプグフ (戦術実証機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD)
"HG プロトタイプグフ(戦術実証機)
HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機)
HG 1/144 高機動型ザクII オルテガ専用機 (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
"HG 高機動型ザクII オルテガ専用機
HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG MS-06S シャア専用ザクII
HG 1/144 MS-06R-1A 高機動型ザクII (ガイア/マッシュ専用機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
"HG MS-06R-1A 高機動型ザクII(ガイア/マッシュ専用機)
1/100 ガンダムバルバトス(仮) (機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)
"1/100 ガンダムバルバトス
1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]
1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]
1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット
1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット
プレミアム バンダイ
プレミアムバンダイ

MG ジェスタ・キャノン

HG プロトタイプ・グフ(機動実証機 サンドカラーVer.)

HGUC ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)
当サイトはリンクフリーです
相互リンクしていただける方は大歓迎です。 相互リンクを希望される場合は記事のコメント欄にご一報いただけるとありがたいです。
我が家は塗装ができない 「はがない」風 200px × 50px 我が家は塗装ができない 「まどマギ」風 200px × 50px 我が家は塗装ができない 「ブログタイトル」 200px × 50px
プロフィール

もんびー

Author:もんびー
Since 08 Nov 2012
プラモデル製作を開始したばかりなので製作記はぼちぼち更新するつもりです。
できればこれまでに購入した玩具たちも紹介したい。
ただ、玩具の紹介はかなり偏っているので、可動範囲や詳細についてはほかの方のブログなどご参照ください。
基本的には自分の玩具・プラモデルコレクションのアルバム的なブログなので。。。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。