我が家は塗装ができない 

ガンプラ、FSSを中心とした素組み+αの製作記とこれまで集めた玩具のレビューをしています

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: MG > SINANJU

Comment (6)  Trackback (0)

「MG SINANJU」製作記8

今回は「MGシナンジュ」製作記8ということで完成写真をアップします。

完成写真を撮影している際に、一部エングレが剥げている箇所が見つかりましたが、気が付いたのはすでに撮影中盤に差し掛かっており、時間的な制約から剥げている部分を再塗装して再撮影できなかったので、そのまま突き進んでいます。

水性塗料は塗膜が弱いので、かなり慎重に取り扱ったつもりですし、艶消しコートもちゃんと施したばずなのに。。。
かなり凹みました。

この記事ではアップにしていることもあり、剥げている箇所が結構目立ちますが、普通に飾っている限りあまり目立たないので、今では「まぁいいか」という気になっています。

いつものように完成写真なので、コメント少なめです(今回は時間をかけて製作したこともあり、写真は多めですが)。

ではご覧ください(^_^)/


DSC_5004-1.jpg
今回は異常に長いWiki抜粋なので、PCで見られている方以外は本当に苦痛だと思います。<(_ _)>
ですが、どうしても削除出来なかったので、ご容赦ください<(_ _)>
以下、Wiki抜粋
==================================================
地球連邦宇宙軍再編計画「UC計画」の一環として、アナハイム・エレクトロニクス社が開発した試作MS。かつて同社が開発したMSN-04 サザビー、RX-93 νガンダムと同じく、機体の駆動式内骨格「ムーバブルフレーム」の一部にパイロットの脳波に反応する特殊構造材「サイコフレーム」を採用したニュータイプ専用機である。
ファンネルなどのサイコミュ兵装は搭載していない代わりに、ニュータイプパイロットの脳内操縦イメージを思考波としてMS内部のサイコフレームに感受させ、機体の挙動へダイレクトに反映させる「インテンション・オートマチック・システム」を搭載しており、MS単体の機体制動・追従性・機動性を極限にまで突き詰めて設計されている。そのため、通常の手動のみの操縦を凌駕する反応速度と動作精度を誇り、このシステムを搭載する「UC計画」によって誕生した三機(ユニコーン・バンシィ・シナンジュ)は、パイロットのニュータイプ能力に呼応し、サイコフレームが最大共振すると、第二次ネオ・ジオン抗争時のνガンダムと同様に、機体から虹色の光を発し、他のMSとは一線を画する驚異的な性能を見せた。
元々はサイコフレームをメインフレームに据えたMSの、一般パイロットの操縦では計測不可能な限界値を取得するべく、機械上での試験運用を目的とした実験機で、驚異的な機動力と追従性を誇るも、発生する加速度によるパイロットへの肉体的負荷は殺人的なレベルで、なおかつ上記のインテンション・オートマチック・システム制御のサイコミュによる精神的負荷もあるため、並のパイロットにはまず乗りこなせない“極めて端的な”MSであった。その限界値を突き詰めた設計ゆえに、人間が乗り込む機動兵器としては欠陥機とも言えるMSであったが、「赤い彗星の再来」と渾名され、ニュータイプとしてもMSパイロットとしても高い能力を誇るフル・フロンタルが操縦することにより、あくまで理論上であったそのポテンシャルを遺憾なく発揮した。
背面と脹脛側面の推力偏向スラスターの他、全身に多数のスラスターを装備し、いかなる姿勢においても高い機動性を発揮する。背面の推力偏向スラスターは“翼”を想起させる形状になっており、最大出力時には羽ばたくような挙動を行う。背面の推力偏向スラスターの下部には、サザビーのものよりも大型のプロペラントタンクが配置されており、戦闘ではこれを意図的に切り離すことで囮としても利用した。その高機動性は、インダストリアル7から脱出したネェル・アーガマを攻撃する際に、周りに無数に漂うスペースデブリをまったく意に介することなく高速移動しながら戦闘していることからもうかがえる。
この機体で検証されたデータを基にユニコーンガンダムが開発された経緯があり、言わばユニコーンガンダムとは兄弟機の関係にあるが、U.C.(宇宙世紀)0094年にアナハイム社から「袖付き」に強奪され(実際には強奪に偽装した譲渡であった)、ユニコーンガンダムと刃を交えることとなった。なお強奪後に「袖付き」によって、フロンタルの高い操縦技術に合わせた操縦系統の改良、独自の外装改造とさらなるスラスター強化が行われ、「袖付き」を象徴するフラッグシップ機たるべく、全身を真紅に再塗装され、各部に金色のエングレーブが施された。
ネオ・ジオン残党軍「袖付き」の首魁であるフル・フロンタルが搭乗し、真紅に染め上げられた機体が、青い残光によって彗星の如く軌道を描きながら戦場を高速移動するその姿から、パイロットのフロンタルと共に「赤い彗星の再来」と渾名され、総帥シャア・アズナブルを失い士気の低下したネオ・ジオンの崇拝と士気高揚の対象となり、地球連邦軍からは恐怖の対象として畏怖されている。
バナージ・リンクスの駆るユニコーンガンダムとの最終決戦では、搭乗するフル・フロンタルの高いニュータイプ能力にシナンジュのサイコフレームが呼応し、兄弟機であるユニコーンと同様に、その機体から虹色に輝く光を発する。対峙する二機から放たれるサイコ・フィールドによって、サイコフレームを搭載していないMSでは介入不可能な程の超常的な戦闘を繰り広げる。
==================================================


DSC_5005-1.jpgDSC_5006-1.jpg

DSC_5007-1.jpgDSC_5008-1.jpg

DSC_5009-1.jpgDSC_5011-1.jpg

DSC_5013-1.jpg

DSC_5014-1.jpg
冒頭に書きました剥げ箇所アップ。

丁寧に扱ったつもりだったんですが。。。
とてもそうは思えない豪快な剥げっぷりです。。。(T_T)

DSC_5015-1.jpg

DSC_5019-1.jpg

DSC_5022-1.jpg

DSC_5026-1.jpgDSC_5027-1.jpg

DSC_5045-1.jpgDSC_5028-1.jpg

DSC_5029-1.jpgDSC_5030-1.jpg

DSC_5031-1.jpg

DSC_5032-1.jpg

DSC_5033-1.jpg

DSC_5034-1.jpg

DSC_5035-1.jpg

DSC_5036-1.jpgDSC_5038-1.jpg

DSC_5039-1.jpg

DSC_5040-1.jpg

DSC_5042-1.jpgDSC_5043-1.jpg

DSC_5044-1.jpg

DSC_5046-1.jpgDSC_5047-1.jpg

DSC_5048-1.jpgDSC_5049-1.jpg

DSC_5051-1.jpg
この角度から撮影して、モノアイが本当にチラッと見える程度です。

DSC_5054-1.jpg

DSC_5055-1.jpg

ここからはいくつかポーズを取らせてみましたが、正直ここまで撮影しながら、これ以上弄るのが怖かったので外連味のあるポーズというわけにはいきませんでした。。。
DSC_5060-1.jpg

DSC_5061-1.jpgDSC_5062-1.jpg
あまりの重量にアクションベースが軋んでいます。
ネジをかなり強く締めないとあっという間にひっくり返ってしまいます。。。

DSC_5063-1.jpg

DSC_5065-1.jpg

DSC_5068-1.jpg

DSC_5071-1.jpg

DSC_5074-1.jpg

DSC_5072-1.jpgDSC_5073-1.jpg

DSC_5075-1.jpg

DSC_5066-1.jpg

DSC_5067-1.jpg
ライフルとバズーカの合体した形態

パッケージのポーズはこの武器を構えています。。。

やっぱりこの重量の武器は全く保持できません。

というか、僕のシナンジュは接続ピンさえ刺さりませんでした。
まぁ、刺さったとしても手首関節はグニャグニャなのでどうせ保持できませんが。。。

DSC_5077-1.jpg

DSC_5078-1.jpg

DSC_5079-1.jpg

DSC_5080-1.jpg

DSC_5082-1.jpg
前に製作したシナンジュ・スタインと一緒に

紅白でめでたい感じです。

DSC_5083-1.jpg

SHOW CASE
DSC_5081-1.jpg
飾り棚には紅白並べて飾っています。

以上、「MGシナンジュ」製作記8でした。

本当にシナンジュはかっこいいですね~
本記事では全部は紹介できませんでしたが、豊富な武器と組み換えも楽しいですし、本当にいいキットです。

それだけに、手首の保持があんなにユルかったのが本当に残念。
「もう一度組み立てるときは、絶対手首の改造しよう!」と心に誓った週末でした。

ではまた

関連記事
スポンサーサイト

Comments


こんばんは

完成おめでとうございます。
つや消しでの完成例があまりないので新鮮でカッコ良く仕上がってますね。
つや消しなのでメタルパーツが栄えるのかしっかりとしたアクセントになって
いてとてもカッコイイと思います。

お疲れ様でした。
次回作も楽しみにしています。

シナンジュ作製お疲れ様でした~
今回のMGシナンジュではメタルパーツの取り扱いをいつもより詳しく記述されててすごく参考になりました!

塗装とメタルパーツの効果が相まってすごい出来栄えですね
でも、この作製記8にあるエングレーピング部分の塗装の剥げは残念ですね…

水性塗料は乾きが遅いのでムラが出来にくく筆塗りに向いてますが、塗装が厚くなりやすく乾燥に時間がかかるのと、記事にもありますが、塗膜が弱い面がありますね。いつかのホビー誌で水性塗料は乾燥にに1週間かけたい、って読んだことがあります。そこまでとは言わないものの乾燥には時間をかけたほうがいいかもしれせんね。あと、水性とはいえ、アクリル溶剤を使用したほうが均一に塗料がとけるし、乾燥も速いでしょうね。

またまた長文になって、すいません…
ローマは1日して、なんとかかんとか…ですよね
次の作製記も楽しみしていま~す
はじめまして
いつも楽しく拝見させていただいてます

MGシナンジュついに完成ですね

プラモデルは素組にマーカーの部分塗装の簡易仕上げで済ませる私からしたら、いつもとても参考にさせてもらっています

次回の製作も楽しみにしてます
Re: タイトルなし
けんじぃさん

いつもコメントありがとうございます。

> 完成おめでとうございます。
> つや消しでの完成例があまりないので新鮮でカッコ良く仕上がってますね。
> つや消しなのでメタルパーツが栄えるのかしっかりとしたアクセントになって
> いてとてもカッコイイと思います。

ありがとうございます
自己満足のために立ち上げたこのブログですが、多くの方に見ていただき、またけんじぃさんを含め多くの方から応援コメントをいただき、本当に製作の励みになっています。

> お疲れ様でした。
> 次回作も楽しみにしています。

今日からマラサイの製作記を開始しています。
そちらもまた楽しんでいただければと思います。

これからもよろしくお願いします。
Re: タイトルなし
カンタムロボさん

いつもコメントありがとうございます。

> シナンジュ作製お疲れ様でした~
> 今回のMGシナンジュではメタルパーツの取り扱いをいつもより詳しく記述されててすごく参考になりました!

それは良かったです。
かなり試行錯誤したので、それをアップすれば皆さんにも楽しんでいただけるかなぁと恥を忍んで失敗談を披露させていただきました(汗

> 塗装とメタルパーツの効果が相まってすごい出来栄えですね
> でも、この作製記8にあるエングレーピング部分の塗装の剥げは残念ですね…

そうなんです~
これまでこんなに見事に剥げたことがなかったのでかなり衝撃です。
気になったら塗り足せばいいのですが、思いのほか気にならなかった(このあたり僕はかなりいい加減です)ので、そのままにしてあります。

> 水性塗料は乾きが遅いのでムラが出来にくく筆塗りに向いてますが、塗装が厚くなりやすく乾燥に時間がかかるのと、記事にもありますが、塗膜が弱い面がありますね。いつかのホビー誌で水性塗料は乾燥にに1週間かけたい、って読んだことがあります。そこまでとは言わないものの乾燥には時間をかけたほうがいいかもしれせんね。あと、水性とはいえ、アクリル溶剤を使用したほうが均一に塗料がとけるし、乾燥も速いでしょうね。

ムラができにくいのは事実ですね
僕も塗装当初はムラムラですが、乾燥していくとムラが消えていきます。
塗膜が弱く、厚くなりやすいのは水性塗料の宿命なのでしょうね
エアブラシの塗装環境がない僕は、これからも水性塗料とうまく付き合っていくしかありません。。。

> またまた長文になって、すいません…
> ローマは1日して、なんとかかんとか…ですよね
> 次の作製記も楽しみしていま~す

今日からマラサイをアップしています。
また見てみてくださいね~
Re: はじめまして
リポピボリンさん

コメントありがとうございます。

> いつも楽しく拝見させていただいてます

ありがとうございます。
>
> MGシナンジュついに完成ですね
>
> プラモデルは素組にマーカーの部分塗装の簡易仕上げで済ませる私からしたら、いつもとても参考にさせてもらっています
>
> 次回の製作も楽しみにしてます

素組み+マーカー部分塗装は楽しいですよね~
僕もそこから始めて、もう少しカッコよく。。。と思い、今では素組みでどこまでできるかに挑戦!みたいになっています。

とはいえ僕も初心者(とはいえもう少しで製作を始めて1年経つと今気づきました)なので、どれだけ参考になるか??ですが、これからも失敗談を中心にブログを続けていきますので、是非見てやってください。

よろしくお願いします(*^^)v






製作記一覧
MASTER GRADE
ZAKU II (DOZLE CUSTOM)

GOUF (M'QUVE CUSTOM)
DSC_5306-tr.jpg
MARASAI (UNICORN COLOR Ver.)
DSC_5013-1-tr.jpg
SINANJU (ANIMATION Ver.)
DSC_4553-1-tr.jpg
GEARA DOGA

CROSSBONE GUNDAM X2

STRIKE GUNDAM+I.W.S.P.

PERFECT STRIKE GUNDAM Ver.RM
DSC_3619-1-tr2.jpg
AILE STRIKE GUNDAM Ver.RM &I.W.S.P.

STRIKE NOIR

JESTA

ReZEL TYPE C [a+bUNIT][GR]
DSC_0799-1-tr.jpg
SINANJU STEIN Ver.Ka

GP02A PHYSALIS
DSC01512-1-tr.jpg
νGUNDAM Ver.Ka
DSC00493-1-tr.jpg
ZAKU II WHITE WOLF
DSC00526-1-tr.jpg
GOUF CUSTOM


HIGH GRADE
SCHWALBE GRAZE

MS Optionset1 & CGS Mobile Worker

GRAZE

GUNDAM BARBATOS

MESSALA


REAL GRADE
Z'GOK (CHAR CUSTOM)
DSC_5682-1-tr.jpg
ZEPHYRANTHES

Z GUNDAM 3


I.M.S.
BATSH the Black Knight

the BANG


その他いろいろ
INGRAM
DSC_4615-1-tr.jpg
BB戦士Hi-νGUNDAM
DSC_2975-1-tr.jpg
BB戦士SAZABI
DSC_3470-1-tr.jpg
VALVRAVE III(火神鳴)

VALVRAVE I(火人)

LBX042 DOT PHASOR


工具 DSC_5209-tr.jpg
製作工具(よく使うもの)
レビュー一覧
GUNDAM FIX FIGURATION
#0001 フルアーマーガンダム

#0003 GP01 ゼフィランサス

#0008 GP02A サイサリス

#0010 ガーベラテトラカスタム

#0014 Ex-Sガンダム(T/F α)

#0015 ヘビーガンダム

#0016a クロスボーンガンダム[X-1]
DSC_0364-1-tr.jpg
#0017b Zプラス
DSC_5998-1-tr.jpg
#0019 ガンダムMk-II

#0025 クスィーガンダム

#0028 ガンキャノン
DSC_0710-1-tr.jpg
#0030 Z II

M/C サイコガンダムMk-II
DSC00856-1-tr.jpg
M/C ガンダムTHE ORIGIN


ROBOT魂 DSC00622-1-tr.jpg
Ka× バイアラン・カスタム
DSC00686-1-tr.jpg
Ka× ガンキャノン・ディテクター

Ka× ボリノーク・サマーン
DSC_5723-1-tr.jpg
Ka× ガンダムMk-V

SIDE HM エルガイムMk-II


S.I.C.
#035 ブレイド

#052 カブト

#057 W サイクロンジョーカー
DSC00537-1-tr.jpg
#064 オーズ・タトバコンボ
DSC_5431-tr.jpg
#067 キックホッパー&パンチホッパー

限定 オーズ・タジャドルコンボ(ロストブレイズVer.)

限定 オーズ・シャウタコンボ

限定 NEW電王ストライクフォーム


合金系玩具
EX合金 エネルガー1969

EX合金 ゲッター1 リペイントver.

EX合金 ゲッター2 リペイントver.

EX合金 ゲッター3 リペイントver.

EX合金 ゲッターシリーズ1&2&3

S.R.C. 真ゲッター1 OVA版

S.R.C. アンチグレンラガン
DSC00591-1-tr.jpg
S.R.C. アクエリオンEVOL

超合金魂 ウォーカーギャリア
DSC_5860-1-tr.jpg
超合金魂 ザブングル

MAX合金 THE ビッグオー

ソフビ人形 ビッグデュオ

ソフビ人形 ビッグファウ


その他いろいろ
D-Arts アリサ・イリーニチナ・アミエーラ神機銃形態(ガンフォーム)装備
DSC_5793-1-tr.jpg
FORMANIA νガンダム
DSC_5637-1-tr.jpg
VARIABLE ACTION 光武(さくら機)
DSC_1535-1-tr.jpg
R.P.R. ビルバイン
DSC_1095-1-tr.jpg
GUNDAM CONVERGE SP02
DSC00984-1-tr.jpg
MAZINGER 1901
DSC00956-1-tr.jpg
L.O.B. vol.1 ダンバイン
欲しいものリスト
欲しいものを載せています。でも買うかどうかは検討中。。。

アマゾン
MG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78 ガンダム(仮) 1/100スケール 色分け済みプラモデル
THE ORIGIN RX-78 ガンダム
HG 1/144 プロトタイプグフ (戦術実証機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD)
"HG プロトタイプグフ(戦術実証機)
HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機)
HG 1/144 高機動型ザクII オルテガ専用機 (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
"HG 高機動型ザクII オルテガ専用機
HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG MS-06S シャア専用ザクII
HG 1/144 MS-06R-1A 高機動型ザクII (ガイア/マッシュ専用機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
"HG MS-06R-1A 高機動型ザクII(ガイア/マッシュ専用機)
1/100 ガンダムバルバトス(仮) (機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)
"1/100 ガンダムバルバトス
1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]
1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]
1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット
1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット
プレミアム バンダイ
プレミアムバンダイ

MG ジェスタ・キャノン

HG プロトタイプ・グフ(機動実証機 サンドカラーVer.)

HGUC ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)
当サイトはリンクフリーです
相互リンクしていただける方は大歓迎です。 相互リンクを希望される場合は記事のコメント欄にご一報いただけるとありがたいです。
我が家は塗装ができない 「はがない」風 200px × 50px 我が家は塗装ができない 「まどマギ」風 200px × 50px 我が家は塗装ができない 「ブログタイトル」 200px × 50px
プロフィール

もんびー

Author:もんびー
Since 08 Nov 2012
プラモデル製作を開始したばかりなので製作記はぼちぼち更新するつもりです。
できればこれまでに購入した玩具たちも紹介したい。
ただ、玩具の紹介はかなり偏っているので、可動範囲や詳細についてはほかの方のブログなどご参照ください。
基本的には自分の玩具・プラモデルコレクションのアルバム的なブログなので。。。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。