我が家は塗装ができない 

ガンプラ、FSSを中心とした素組み+αの製作記とこれまで集めた玩具のレビューをしています

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: GFF

Comment (2)  Trackback (0)

GFF #0019 GUNDAM Mk-II

今回は飾り棚整理シリーズ第三弾ということで、GFFガンダムMk-IIをアップしたいと思います。

ところで、先ほどEX合金ゲッタードラゴン発送のメールが届きました~
正直、本当に今日発送されるのか半信半疑でしたが、ちゃんと発送されたようです。

今週末に早速弄ってみたいと思います。
来週にレビューできたらいいなぁ。。。



さて本編。
このガンダムMk-IIはGディフェンサーが付属し、スーパーガンダムに換装できるだけでなく、増加装甲を装着することでフルアーマーガンダムMk-IIになるという豪華セットです。

フルアーマーガンダムMk-IIは、長期間に亘ってフルアーマーガンダム、フルアーマー百式と一緒に飾り棚に鎮座していましたが、今回フルアーマー三兄弟ともに倉庫に送ることにしました。
フルアーマー百式もいつかレビューしようと思います。

冒頭に書いたように、様々な形態のガンダムMk-IIが楽しめる本商品は、とてもプレイバリューが高いので個人的にはかなり満足した商品ですが、今回のレビューにあたりシゲシゲ見つめてみると、今の完成品TOYの基準ではちょっとツラいものがあります。。。

造形自体がかなり好みなので、かなりのアラを隠してくれますが、やっぱり塗装が厚ぼったく↓の写真のように遠目で見てもはみ出している箇所が見つかる(シールドの真ん中あたり)状況です。

本商品の発売が2004年ということなので仕方ない面は多々あると思いますが。。。

とは言え、フルアーマーガンダムMk-IIの立体物はあまりない(というより、僕はGFF以外で見たことがない)ので、その点だけでも購入した甲斐はあったなぁ~と感じています。

今回はコメントが少な目なうえに、ポージングもほとんどありません(GFFでのポージングは僕にはハードル高すぎ)ので、若干単調な記事になってしまっていますが、とりあえず写真をご覧ください。
DSC_5998-1-top.jpg

DSC_5999-1.jpg
バックショット

ここでいつものWiki抜粋です。
==================================================
ティターンズが名機RX-78 ガンダムの名と設計を受け継ぐフラッグシップMSとして開発した機体。初期のティターンズ主力機ジム・クゥエルなどに使用された最新技術が投入されている。主にスペースコロニー内部での戦闘を想定し、グリプス開発基地において8番目に開発された。
==================================================
さすがにガンダムMk-IIは有名な機体ですので、機体説明は↑くらいにして、デザイン変遷についての記述を抜粋します。
==================================================
実は『Zガンダム』の企画が動き始めた頃は、ガンダムMk-IIは登場する予定がなかった。当初は物語の冒頭から主役メカとなる“ニューガンダム(仮称。後のZガンダムに相当)”が登場する事を前提に、監督の富野からの直々の指名で永野護がデザインを進めていたが、先行して提出したリック・ディアスやガルバルディβのデザインはサンライズやバンダイから良い評価が得られなかった。ここで永野はデザイン作業から外れる事となり、前作『機動戦士ガンダム』でメカデザインを担当した大河原邦男や新たにメカデザイナーとして起用された藤田一巳が“ニューガンダム”のデザインを担当する事となる。
しかし「新しいガンダムを」という意欲の下描かれた新規性溢れるデザインはマーチャンダイジング等の観点から却下され、この時点で制作スケジュールの都合上、冒頭から“ニューガンダム”を登場させる事が不可能となった。またバンダイでは、富野によって提案された変形という新要素がともすればオモチャ的、あるいは旧来のスーパーロボット的とも捉えられていて、そういったギミックを持つ“ニューガンダム”が最初から登場することは前作からのファンはもとよりガンプラで『ガンダム』の世界を知った層にも違和感を抱かれるのではという危惧があった。そこで主に見た目、すなわちデザイン的に世界観を繋ぐ上でのリリーフエースとして、前作およびヒット商品であったMSVにおけるイメージを踏襲したガンダムを登場させる事が決定する。これがガンダムMk-II誕生の経緯である。
月刊ホビージャパン1988年5月号で当時を振り返った藤田は「どんなデザインを描いても誰も納得しないのではないか」と感じていたと明かしている。同記事によると、藤田がMK-IIのデザインに参加した段階で、すでに永野、大河原、ともに現場を離れ、二人の描いた絵が残されているだけの状態で打ち合わせなどはできず、二人のアイデアなどは生かせなかったという。
==================================================
まぁこれもある意味有名なエピソードですよね。
永野氏のデザインしたMSは今見るとかっこよく見えますが、当時見ていたら「なんじゃこりゃ」ってなったかもしれません。

DSC_6000-1.jpgDSC_6001-1.jpg

DSC_6002-1.jpgDSC_6003-1.jpg

DSC_6012-1.jpg
アップ写真だとやはり塗装のアラが目立ちますね~

厚ぼったくて、筆ムラのようなものも散見されます(僕の筆塗りといい勝負と言ったら言い過ぎですかねw)。

DSC_6013-1.jpgDSC_6014-1.jpg

DSC_6015-1.jpg

DSC_6016-1.jpg

DSC_6017-1.jpg

DSC_6018-1.jpg

DSC_6019-1.jpgDSC_6020-1.jpg

DSC_6021-1.jpgDSC_6022-1.jpg

DSC_6023-1.jpgDSC_6024-1.jpg

DSC_6025-1.jpgDSC_6027-1.jpg

DSC_6026-1.jpg

DSC_6004-1.jpg

DSC_6005-1.jpg

DSC_6006-1.jpg

DSC_6008-1.jpg

DSC_6009-1.jpg

DSC_6010-1-top.jpg

DSC_6011-1.jpg

DSC_6028-1.jpg

DSC_6029-1.jpgDSC_6030-1.jpg

DSC_6031-1.jpgDSC_6032-1.jpg

DSC_6033-1.jpg

DSC_6034-1.jpg

DSC_6035-1-top.jpg
スーパーガンダムです。

普通のGFF基準だと、ポロリ連発のように思えるでしょうが、このスーパーガンダムはカッチリ固定されていて撮影に全くストレスがかかりませんでした。

全体のバランスもちょうどいい感じで、かなりかっこいいスーパーガンダムに仕上がっていると思います。

DSC_6040-1.jpg

DSC_6037-1.jpg

DSC_6038-1.jpgDSC_6039-1.jpg

DSC_6041-1.jpg

DSC_6042-1.jpg

DSC_6043-1.jpg
Gフライヤーも再現可能です。

非常に薄っぺらくなり、スタイリッシュです。

実はこの形態に換装させたのは今回が初めてで、新鮮な驚きがありました。

DSC_6044-1.jpg

DSC_6045-1.jpg

DSC_6046-1.jpg

DSC_6047-1.jpg


ここからは、ガンダムMk-IIからフルアーマーへの換装過程です。
DSC_6048-1.jpgDSC_6049-1.jpg

DSC_6050-1.jpgDSC_6051-1.jpg

DSC_6052-1-top.jpg
完成です。

いやー、これはいつ見てもかっこいいです。

残念なのは脚部増加装甲がポロリしやすく、後腰部に接続するパイプがすぐに外れてしまう点くらいです。

DSC_6053-1.jpg

DSC_6054-1.jpgDSC_6055-1.jpg

DSC_6056-1.jpgDSC_6057-1.jpg

DSC_6060-1.jpg

DSC_6061-1.jpg
GFFは全般的にそうですが、この増加装甲は特にスミイレが雑でちょっと残念。

DSC_6062-1.jpg

DSC_6063-1.jpg

DSC_6064-1.jpg

DSC_6065-1.jpgDSC_6066-1.jpg
塗装のはみ出しやトビも見受けられます。

DSC_6067-1.jpg

DSC_6068-1.jpgDSC_6069-1.jpg

DSC_6071-1.jpg

DSC_6070-1.jpgDSC_6072-1.jpg

DSC_6059-1.jpg

SHOW CASE
DSC_6058-1.jpg
以上、「GFFガンダムMk-II」でした。

塗装面や増加装甲の保持にちょっと不満はあるものの、それを補ってあまりある造形と立体化の希少性があります。
冒頭に書いたように長年に亘って飾り棚の前線をにぎわしてくれていたのも、そのような理由があったからです。

「ありがとう!Mk-II」と言ってお別れしました(倉庫に送っただけで大げさ。。。)

ではまた

関連記事
スポンサーサイト

Comments


こんにちは。
MK-Ⅱ堪能させていただきました。
フライングアーマーに乗るわメガライダーに乗るわ
大活躍した機体ですね。
フランクリン、グッジョブ!
Re: タイトルなし
ララ助さん

こんにちは
返事が遅くなってしまい申し訳ありません<(_ _)>

> こんにちは。
> MK-Ⅱ堪能させていただきました。
> フライングアーマーに乗るわメガライダーに乗るわ
> 大活躍した機体ですね。
> フランクリン、グッジョブ!

楽しんでいただけたようでうれしいです。
本当にMk-IIは物語最後まで第一線で活躍していましたね。

しかし、テム⇒アムロといいフランクリン⇒カミーユといい、主人公の父親はあんまりな人物ですね。
ニュータイプって遺伝ではないんでしょうね~

また遊びに来てください(^_^)/






製作記一覧
MASTER GRADE
ZAKU II (DOZLE CUSTOM)

GOUF (M'QUVE CUSTOM)
DSC_5306-tr.jpg
MARASAI (UNICORN COLOR Ver.)
DSC_5013-1-tr.jpg
SINANJU (ANIMATION Ver.)
DSC_4553-1-tr.jpg
GEARA DOGA

CROSSBONE GUNDAM X2

STRIKE GUNDAM+I.W.S.P.

PERFECT STRIKE GUNDAM Ver.RM
DSC_3619-1-tr2.jpg
AILE STRIKE GUNDAM Ver.RM &I.W.S.P.

STRIKE NOIR

JESTA

ReZEL TYPE C [a+bUNIT][GR]
DSC_0799-1-tr.jpg
SINANJU STEIN Ver.Ka

GP02A PHYSALIS
DSC01512-1-tr.jpg
νGUNDAM Ver.Ka
DSC00493-1-tr.jpg
ZAKU II WHITE WOLF
DSC00526-1-tr.jpg
GOUF CUSTOM


HIGH GRADE
SCHWALBE GRAZE

MS Optionset1 & CGS Mobile Worker

GRAZE

GUNDAM BARBATOS

MESSALA


REAL GRADE
Z'GOK (CHAR CUSTOM)
DSC_5682-1-tr.jpg
ZEPHYRANTHES

Z GUNDAM 3


I.M.S.
BATSH the Black Knight

the BANG


その他いろいろ
INGRAM
DSC_4615-1-tr.jpg
BB戦士Hi-νGUNDAM
DSC_2975-1-tr.jpg
BB戦士SAZABI
DSC_3470-1-tr.jpg
VALVRAVE III(火神鳴)

VALVRAVE I(火人)

LBX042 DOT PHASOR


工具 DSC_5209-tr.jpg
製作工具(よく使うもの)
レビュー一覧
GUNDAM FIX FIGURATION
#0001 フルアーマーガンダム

#0003 GP01 ゼフィランサス

#0008 GP02A サイサリス

#0010 ガーベラテトラカスタム

#0014 Ex-Sガンダム(T/F α)

#0015 ヘビーガンダム

#0016a クロスボーンガンダム[X-1]
DSC_0364-1-tr.jpg
#0017b Zプラス
DSC_5998-1-tr.jpg
#0019 ガンダムMk-II

#0025 クスィーガンダム

#0028 ガンキャノン
DSC_0710-1-tr.jpg
#0030 Z II

M/C サイコガンダムMk-II
DSC00856-1-tr.jpg
M/C ガンダムTHE ORIGIN


ROBOT魂 DSC00622-1-tr.jpg
Ka× バイアラン・カスタム
DSC00686-1-tr.jpg
Ka× ガンキャノン・ディテクター

Ka× ボリノーク・サマーン
DSC_5723-1-tr.jpg
Ka× ガンダムMk-V

SIDE HM エルガイムMk-II


S.I.C.
#035 ブレイド

#052 カブト

#057 W サイクロンジョーカー
DSC00537-1-tr.jpg
#064 オーズ・タトバコンボ
DSC_5431-tr.jpg
#067 キックホッパー&パンチホッパー

限定 オーズ・タジャドルコンボ(ロストブレイズVer.)

限定 オーズ・シャウタコンボ

限定 NEW電王ストライクフォーム


合金系玩具
EX合金 エネルガー1969

EX合金 ゲッター1 リペイントver.

EX合金 ゲッター2 リペイントver.

EX合金 ゲッター3 リペイントver.

EX合金 ゲッターシリーズ1&2&3

S.R.C. 真ゲッター1 OVA版

S.R.C. アンチグレンラガン
DSC00591-1-tr.jpg
S.R.C. アクエリオンEVOL

超合金魂 ウォーカーギャリア
DSC_5860-1-tr.jpg
超合金魂 ザブングル

MAX合金 THE ビッグオー

ソフビ人形 ビッグデュオ

ソフビ人形 ビッグファウ


その他いろいろ
D-Arts アリサ・イリーニチナ・アミエーラ神機銃形態(ガンフォーム)装備
DSC_5793-1-tr.jpg
FORMANIA νガンダム
DSC_5637-1-tr.jpg
VARIABLE ACTION 光武(さくら機)
DSC_1535-1-tr.jpg
R.P.R. ビルバイン
DSC_1095-1-tr.jpg
GUNDAM CONVERGE SP02
DSC00984-1-tr.jpg
MAZINGER 1901
DSC00956-1-tr.jpg
L.O.B. vol.1 ダンバイン
欲しいものリスト
欲しいものを載せています。でも買うかどうかは検討中。。。

アマゾン
MG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78 ガンダム(仮) 1/100スケール 色分け済みプラモデル
THE ORIGIN RX-78 ガンダム
HG 1/144 プロトタイプグフ (戦術実証機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD)
"HG プロトタイプグフ(戦術実証機)
HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機)
HG 1/144 高機動型ザクII オルテガ専用機 (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
"HG 高機動型ザクII オルテガ専用機
HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG MS-06S シャア専用ザクII
HG 1/144 MS-06R-1A 高機動型ザクII (ガイア/マッシュ専用機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
"HG MS-06R-1A 高機動型ザクII(ガイア/マッシュ専用機)
1/100 ガンダムバルバトス(仮) (機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)
"1/100 ガンダムバルバトス
1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]
1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]
1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット
1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット
プレミアム バンダイ
プレミアムバンダイ

MG ジェスタ・キャノン

HG プロトタイプ・グフ(機動実証機 サンドカラーVer.)

HGUC ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)
当サイトはリンクフリーです
相互リンクしていただける方は大歓迎です。 相互リンクを希望される場合は記事のコメント欄にご一報いただけるとありがたいです。
我が家は塗装ができない 「はがない」風 200px × 50px 我が家は塗装ができない 「まどマギ」風 200px × 50px 我が家は塗装ができない 「ブログタイトル」 200px × 50px
プロフィール

もんびー

Author:もんびー
Since 08 Nov 2012
プラモデル製作を開始したばかりなので製作記はぼちぼち更新するつもりです。
できればこれまでに購入した玩具たちも紹介したい。
ただ、玩具の紹介はかなり偏っているので、可動範囲や詳細についてはほかの方のブログなどご参照ください。
基本的には自分の玩具・プラモデルコレクションのアルバム的なブログなので。。。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。