我が家は塗装ができない 

ガンプラ、FSSを中心とした素組み+αの製作記とこれまで集めた玩具のレビューをしています

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: MG > SAZABI Ver.Ka

Comment (8)  Trackback (0)

「MG SAZABI Ver.Ka」製作記4

あけましておめでとうございます。
本年最初の製作記です。

今回は昨年から引き続きということで、「MGサザビーVer.Ka」製作記4として上半身のメタルパーツ化をアップしたいと思います。

年末年始は暦どおり休むことができたので、さぞ製作も進んだことだろうとご期待いただいている方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながら年末年始ならではのプライベートの用事に忙殺され、正直あんまり進んでいません。。。(T_T)

ある程度時間は取れたのですが、製作上のトラブル対応に時間を取られてしまい実質的にはほとんど進んでいない状況です。

まぁ、焦る必要もないのでのんびり楽しみながら進めていこうと思います。


では本編です。


前回の製作から時間が空いたので、何から手を付ければよいのかちゃんと整理ができないまま、とりあえず頭部・胸部・腕部・腰部の艶消しコートをしました。

↓は胸部パーツの状態

なかなかうまく艶が消えていていい感じです。。。
D5100_000476_-1.jpg

(; ̄ー ̄)...ン?

何かおかしい。。。

そう

デカールを貼り忘れてます。。。orz

この瞬間、かなり製作モチベーションが低下しました。。。

次に考えたのは、「このサザビーはディテールがびっしり入ってるから、メタルパーツに加えてデカールまで貼るとかえってうるさくなるという神のお告げでは??」という悪魔のささやきでした。

このまま行ってしまおう。。。と何度も自分に言い聞かせましたが、やはり自分を誤魔化すことはできませんでした(←大げさ。。。)

結局この後、デカールを貼る部分を確認し、その箇所だけつまようじで丁寧に艶消しコートをはがし、デカールを貼りつけてもう一度艶消しを吹くという作業をやる羽目になってしまいました。

冒頭に書いた製作上のトラブルとはこのことで、実質的にかなりの時間を浪費してしまいました。。。
D5100_000481_-1.jpg
地味な作業も終わったので、気を取り直して上半身のメタルパーツ化に取り掛かります。

ただ、メタルパーツ化は基本的にやり直しがきかない場合が多いので、よく考えて慎重に取り組まなくてはいけません。
ここから先の方法は僕が実践した方法ですが、これがベストとは限らないので、メタルパーツ化は自己責任でお願いします<(_ _)>

まずは首元のパイプのメタルパーツ化です。

D5100_000482_-1.jpg
まずは、片方のパイプを切り落とします。
片方ずつ処理するのは面倒くさいのですが、両方のパイプを切り取ってしまうと長さの調整で苦労しそうなので、片方ずつやりました。

軸線として1.5mmのスプリングを利用してそこに4.0mmアポジを通す予定なので、両基部に1.5mmの穴を穿孔します。

D5100_000483_-1.jpg
穿孔した穴に1.5mmスプリングを通して接着します。

乾燥した後、アポジを通していきます。

D5100_000484_-1.jpg
アポジの個数は個人の好みですが、僕は片側9個が好みでした。

反対側の基部に穿孔した穴にスプリングを通して接着すると完成です。

スプリングの長さや基部の穴の深さによってパイプのたわみ具合が違ってくるので、僕の場合はスプリングを少し長めにカットして、何度も長さを調節しながら満足できる形状になった時点で接着しています。

D5100_000485_-1.jpg
この調節作業は焦ってやらず、少しずつスプリングの長さ調節を行ったほうが、結果的に作業が効率的のような気がします。

次に反対側のパイプを切り落として、同じ作業をします。
←写真のようにびよーんと一直線になってしまいますが、片方のスプリングの長さがわかっていますので、同じ長さのスプリングを用意し、取り付けていきます。

D5100_000486_-1.jpg
両側のパイプがメタル化されました。

この写真だけを見ると左右の長さがちょっと違うように見えますが。。。

D5100_000487_-1.jpg
首基部のパーツに取り付けてみると、なかなかいい感じに仕上がりました。

この部分のメタルパーツ化をするときは接着する前に、この首基部のパーツに組み込んでみる(さらに余裕があれば胸部に組み込んでみる)ことをおススメします。

D5100_000488_-1.jpg
ということで、胸部に取り付けてみました~

いい感じのアクセントになってくれています。

ちなみにこの時点ではすでに艶消しはがし+デカール貼り+再艶消しコートが終わっています。

赤成形色に白いデカールがキリッと映えて、苦労した甲斐があったと思った瞬間でした~

D5100_000489_-1.jpg

D5100_000490_-1.jpg
胸部前面のメタルボールは1.0mmのものを使用しています。

当初は1.5mmでもよかったかな?と思いましたが、やはりこれくらい控えめなほうが今の僕にとっては好みです。

D5100_000491_-1.jpg
次は腰部のパイプをメタル化します。

ここでは軸線として2.4mmスプリングと5.0mmアポジを使用しますので、まずはいつもどおり基部に2.5mmの穴を穿孔します。
ここの穴はちょっと穿孔しにくいので、僕はまず3.0mmビットであたりを付けてから、2.0mm→2.5mmピンバイスで穴を広げていきます。

D5100_000492_-1.jpg
次に腰側面にある基部とパイプの処理です。

パイプは切り落とす必要があるのですが、←は失敗例。。。

基部の根本まで切り落としてしまったため、2.5mmの穴を穿孔するスペースがなくなってしまいました。。。orz

D5100_000493_-1.jpg
→のようにアポジを固定するためにパイプ部分を少し残しておいた方がよさそうです。

ちなみに5.0mmアポジの内径は2.5mmなので残したパイプ部分を少し削ってあげないとアポジが入りません。

D5100_000494_-1.jpg
左がパイプ部分を残してアポジをはめ込んだ状態です。

右は失敗したので、瞬着で強引に接着しています。
まぁ、これでもなんとかなるもんですねww

D5100_000495_-1.jpg
ここまで処理できたら、あとは軸線になるスプリングを調節しながら適当な長さにして。。。

D5100_000496_-1.jpg
アポジをはめ込んで接着したら完成です。

D5100_000497_-1.jpg
この作業を4回繰り返すと、↑のように腰部パイプのメタル化ができます。

D5100_000498_-1.jpg
ついでに、腰部中央のメガ粒子砲(?)の砲口にも3.0mmアポジを仕込みました。

個人的にはこの工作はおススメ。

後ほど上半身の写真で確認していただければ、とてもよい感じになることがおわかりいただけるのではないかと。。。

全身メタルパーツを仕込むのはちょっと。。。という方ならアクセントでここに使ってみるのはいかがでしょうか?

D5100_000499_-1.jpg
ここからは腕部と肩部です。

腕部は→写真のように結構目立つ位置に1.0mmボールを仕込んだのですが、全く目立ちません。。。

ここは1.5mmにしたほうが良かったかも。。。

D5100_000500_-1.jpg
最後は肩部です。

まずデカールですが、左肩には大きなデカールを貼っていますが、これがモールドにかかるのでうまく貼れません。

雑誌では「モールドに沿って切り込みを入れる」といった工夫が記載されていますが、僕は切れ込みを入れるのがあまり好きではなく、マークソフターとセッターを利用して貼りつけました。

上手くいったと思ったのですが、微妙に気泡が入ってしまっています。。。残念orz

D5100_000501_-1.jpg
肩の内側のスラスターはメタル化しています。

手順はこれまでにも何度か記事にしているのでそちらをご参照ください。

ここのスラスターはぷらもっちさんのPPノズルG(中央)とPPノズルB(両端)を利用しました。。。が。。。肩パーツと干渉してしまい、この部分が完全には閉じなくなってしまいました。

あまり目立たない箇所なので無理にメタルパーツ化せず、デフォルトのスラスターパーツをシルバーとゴールドに塗り分けても良かったかもしれません。。。

D5100_000502_-1.jpg
それ以外の肩部のメタルパーツです。

四角いスラスター内部は2.0mmアポジ、もう一つのアポジも2.0mmを利用しています。

D5100_000503_-1.jpg
これは肩からぶら下がっているアーマー(?)内部のスラスターです。

こちらもぷらもっちさんのPPノズルA(中央)とPPノズルG(両端)を利用しています。

ここは完成後かなり目立つ部分なので、メタル化するとかなり映えます。

D5100_000504_-1.jpg
ということで、肩部と腕部以外の上半身で記念写真。

D5100_000505_-1.jpg
後ろから。

かなり埃っぽいですね。。。
この時点では別に構いませんが。。。

D5100_000507_-1.jpg
肩部と腕部を取り付けて上半身の完成です。

D5100_000509_-1.jpg
先ほど書いた通り、肩部が完全には閉じません。。。がこれがデフォルトだと脳内変換しているので問題なし!!ww

この時点ですごい重量です。
この調子で下半身も製作したらものすごい重量になりそう。。。でもそれがいいんですよね~(^_^)/

D5100_000508_-1.jpg
以上、「MGサザビーVer.Ka」製作記4でした。

実はここまでで年末年始の製作時間のほとんどを使ってしまいました。。。
個人的にはここまでは満足いく仕上がりなのでいいのですが、ブログ的には次の記事のネタが。。。

ではまた

関連記事
スポンサーサイト

Comments


あけましておめでとうございます☆
本年も楽しみに拝見させていただきます。
かなり良い出来でカッコいいですね!
すでにメタルスラスターが12個・・。
背部、腰部、脚部、武器類であといくつ要るんでしょうか・・考えただけでもかなり高額で恐ろしくなります。。
その分、仕上がりがとても楽しみです。
年末にもんびーさんのを参考にさせていただきながらνガンダムを組みはじめました☆
Re: タイトルなし
areseさん

あけましておめでとうございます。

今年も遊びに来ていただいてありがとうございます。

サザビーのメタル化はご想像のとおりかなり高額になりそうです。。。
まぁ、お正月ということで。。。
普段だとこんなことできないですからね~

areseさんもνガンダム製作開始とのことで、僕のブログが役に立つかどうかわかりませんが、また製作状況教えてくださいね(^_^)/

僕もノロノロとサザビー頑張ります。

こんにちは。
年始に逆襲のシャアがTV放送されました(埼玉で)。
本編よりもかっこよく仕上がっていくサザビーを
見て感動しています。これからも頑張ってください。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。
いつも楽しみに見させてもらってます。

ここで質問してもいいのかわかりませんが、
自分も子供ができまして、今までのように塗装時間が取れなくなり、
もんびーさんの作り方を参考にしようかと思っています。

そこでいくつか質問なのですが、
ゲート処理方法とスミ入れ方法、つや消しは油性か水性かお聞きしてもいいでしょうか?
Re: タイトルなし
通りすがりさん

コメントありがとうござます

> 失礼だと思いますが肩パーツ内のバーニアの可動パーツ(p-4.p-3)の向きが上下逆なのではないでしょうか?

本当ですか!?
全く気が付きませんでした。。。orz

確認してみます~(^_^)/
貴重なコメントありがとうございます。とてもうれしいので、これからも気が付いたことがあればどんどんコメントください<(_ _)>
Re: タイトルなし
ララ助さん

いつもコメントありがとうございます。

> こんにちは。
> 年始に逆襲のシャアがTV放送されました(埼玉で)。

そうなんですか~
見逃してしまいました。。。このタイミングで逆シャアの放送とは。。。やはりサザビーの拡販なんでしょうね~ww

> 本編よりもかっこよく仕上がっていくサザビーを
> 見て感動しています。これからも頑張ってください。

ありがとうございます。
ノロノロとしか進まない製作記ですが、気長にお付き合いいただけると嬉しいです。

これからもよろしくお願いします(^_^)/
Re: タイトルなし
はじめまして。

> はじめまして。
> いつも楽しみに見させてもらってます。
>
> ここで質問してもいいのかわかりませんが、
> 自分も子供ができまして、今までのように塗装時間が取れなくなり、
> もんびーさんの作り方を参考にしようかと思っています。

ありがとうございます。
初心者モデラーの製作記なのでどれだけ参考になるかわかりませんが、これからもがんばって記事を書いていこうと思います。
>
> そこでいくつか質問なのですが、
> ゲート処理方法とスミ入れ方法、つや消しは油性か水性かお聞きしてもいいでしょうか?

僕がやっていることはHJ誌なんかに書かれていることと変わらないので、参考になるか??ですが。。。
・ゲート処理
これは、ほとんどニッパーとデザインナイフのみです。どうしても気になる箇所だけ、400→600→1000→コンパウンドで仕上げています。

・スミイレ方法
スミイレはガンダムマーカースミイレ用(細)のブラック、グレー、ブラウンの組み合わせです。
RG製作のときはガンダムマーカーの流し込みを使っていますが、MGだとあんまりうまくいかないです。

・つや消し
つや消しは水性です。ただ、プラモデル用ではなく「アトムカラーペイントの水性つや消しクリアー」を使っています。スミイレがちょっと滲んでしまう欠点がありますが、吹き出し口が使いやすいので気に入っています。

ご参考になりましたでしょうか?
もし、わからない点があったらいつでもコメントくださいね

これからもよろしくお願いします(^_^)/






製作記一覧
MASTER GRADE
ZAKU II (DOZLE CUSTOM)

GOUF (M'QUVE CUSTOM)
DSC_5306-tr.jpg
MARASAI (UNICORN COLOR Ver.)
DSC_5013-1-tr.jpg
SINANJU (ANIMATION Ver.)
DSC_4553-1-tr.jpg
GEARA DOGA

CROSSBONE GUNDAM X2

STRIKE GUNDAM+I.W.S.P.

PERFECT STRIKE GUNDAM Ver.RM
DSC_3619-1-tr2.jpg
AILE STRIKE GUNDAM Ver.RM &I.W.S.P.

STRIKE NOIR

JESTA

ReZEL TYPE C [a+bUNIT][GR]
DSC_0799-1-tr.jpg
SINANJU STEIN Ver.Ka

GP02A PHYSALIS
DSC01512-1-tr.jpg
νGUNDAM Ver.Ka
DSC00493-1-tr.jpg
ZAKU II WHITE WOLF
DSC00526-1-tr.jpg
GOUF CUSTOM


HIGH GRADE
SCHWALBE GRAZE

MS Optionset1 & CGS Mobile Worker

GRAZE

GUNDAM BARBATOS

MESSALA


REAL GRADE
Z'GOK (CHAR CUSTOM)
DSC_5682-1-tr.jpg
ZEPHYRANTHES

Z GUNDAM 3


I.M.S.
BATSH the Black Knight

the BANG


その他いろいろ
INGRAM
DSC_4615-1-tr.jpg
BB戦士Hi-νGUNDAM
DSC_2975-1-tr.jpg
BB戦士SAZABI
DSC_3470-1-tr.jpg
VALVRAVE III(火神鳴)

VALVRAVE I(火人)

LBX042 DOT PHASOR


工具 DSC_5209-tr.jpg
製作工具(よく使うもの)
レビュー一覧
GUNDAM FIX FIGURATION
#0001 フルアーマーガンダム

#0003 GP01 ゼフィランサス

#0008 GP02A サイサリス

#0010 ガーベラテトラカスタム

#0014 Ex-Sガンダム(T/F α)

#0015 ヘビーガンダム

#0016a クロスボーンガンダム[X-1]
DSC_0364-1-tr.jpg
#0017b Zプラス
DSC_5998-1-tr.jpg
#0019 ガンダムMk-II

#0025 クスィーガンダム

#0028 ガンキャノン
DSC_0710-1-tr.jpg
#0030 Z II

M/C サイコガンダムMk-II
DSC00856-1-tr.jpg
M/C ガンダムTHE ORIGIN


ROBOT魂 DSC00622-1-tr.jpg
Ka× バイアラン・カスタム
DSC00686-1-tr.jpg
Ka× ガンキャノン・ディテクター

Ka× ボリノーク・サマーン
DSC_5723-1-tr.jpg
Ka× ガンダムMk-V

SIDE HM エルガイムMk-II


S.I.C.
#035 ブレイド

#052 カブト

#057 W サイクロンジョーカー
DSC00537-1-tr.jpg
#064 オーズ・タトバコンボ
DSC_5431-tr.jpg
#067 キックホッパー&パンチホッパー

限定 オーズ・タジャドルコンボ(ロストブレイズVer.)

限定 オーズ・シャウタコンボ

限定 NEW電王ストライクフォーム


合金系玩具
EX合金 エネルガー1969

EX合金 ゲッター1 リペイントver.

EX合金 ゲッター2 リペイントver.

EX合金 ゲッター3 リペイントver.

EX合金 ゲッターシリーズ1&2&3

S.R.C. 真ゲッター1 OVA版

S.R.C. アンチグレンラガン
DSC00591-1-tr.jpg
S.R.C. アクエリオンEVOL

超合金魂 ウォーカーギャリア
DSC_5860-1-tr.jpg
超合金魂 ザブングル

MAX合金 THE ビッグオー

ソフビ人形 ビッグデュオ

ソフビ人形 ビッグファウ


その他いろいろ
D-Arts アリサ・イリーニチナ・アミエーラ神機銃形態(ガンフォーム)装備
DSC_5793-1-tr.jpg
FORMANIA νガンダム
DSC_5637-1-tr.jpg
VARIABLE ACTION 光武(さくら機)
DSC_1535-1-tr.jpg
R.P.R. ビルバイン
DSC_1095-1-tr.jpg
GUNDAM CONVERGE SP02
DSC00984-1-tr.jpg
MAZINGER 1901
DSC00956-1-tr.jpg
L.O.B. vol.1 ダンバイン
欲しいものリスト
欲しいものを載せています。でも買うかどうかは検討中。。。

アマゾン
MG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78 ガンダム(仮) 1/100スケール 色分け済みプラモデル
THE ORIGIN RX-78 ガンダム
HG 1/144 プロトタイプグフ (戦術実証機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD)
"HG プロトタイプグフ(戦術実証機)
HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機)
HG 1/144 高機動型ザクII オルテガ専用機 (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
"HG 高機動型ザクII オルテガ専用機
HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG MS-06S シャア専用ザクII
HG 1/144 MS-06R-1A 高機動型ザクII (ガイア/マッシュ専用機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
"HG MS-06R-1A 高機動型ザクII(ガイア/マッシュ専用機)
1/100 ガンダムバルバトス(仮) (機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)
"1/100 ガンダムバルバトス
1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]
1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]
1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット
1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット
プレミアム バンダイ
プレミアムバンダイ

MG ジェスタ・キャノン

HG プロトタイプ・グフ(機動実証機 サンドカラーVer.)

HGUC ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)
当サイトはリンクフリーです
相互リンクしていただける方は大歓迎です。 相互リンクを希望される場合は記事のコメント欄にご一報いただけるとありがたいです。
我が家は塗装ができない 「はがない」風 200px × 50px 我が家は塗装ができない 「まどマギ」風 200px × 50px 我が家は塗装ができない 「ブログタイトル」 200px × 50px
プロフィール

もんびー

Author:もんびー
Since 08 Nov 2012
プラモデル製作を開始したばかりなので製作記はぼちぼち更新するつもりです。
できればこれまでに購入した玩具たちも紹介したい。
ただ、玩具の紹介はかなり偏っているので、可動範囲や詳細についてはほかの方のブログなどご参照ください。
基本的には自分の玩具・プラモデルコレクションのアルバム的なブログなので。。。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。