我が家は塗装ができない 

ガンプラ、FSSを中心とした素組み+αの製作記とこれまで集めた玩具のレビューをしています

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: MG > GOUF(M'QUVE' CUSTOM)

Comment (0)  Trackback (0)

「MG GOUF (M'qube Custom)」製作記3

今回は「MGマクベ専用グフ」製作記3です。

予告どおり、今回は『汚し』のやり方についてを記事にしてみます。

まず基本的な手順は。。。
1. インスト通り組み立てる。
2. ある程度まとまった部分(胸部とか頭部とか)まで組み立てたら、つや消しを吹く
3. 『汚す』
4. 続きを組み立てる(その後は2.→4.)の繰り返し。

まったくもって特別なことや工夫はありません。
ただ、この記事を書いている時点では、すでに三体のモデルを上記手順で製作しましたが、四体目からは別の手順にしました。
といっても、これまた特別なことはなく、いったん素組みで全部組み上げたのちに、つや消し→汚しにしただけです。

汚しはある程度まとまった時間でやってしまわないと、パーツごとにテンションや手法が変わってしまうので、ちぐはぐにならないようにするのがかえって大変だなぁと。。。なので四体目からは手順を変更してみました。
まぁこの方法でも、一日で汚し終わらない場合は、前の手順と同じといえば同じなんですけどね
キャ(/ω\*))((*/ωヽ)ァァ

腰部のパーツです。
上が汚し第一段階で下が素組み+つや消しの状態です。

汚しはいろんな道具を使って、パーツに書き込んでいくような作業なのですが、まず一番最初にやるのが、スポンジの切れ端で水性ホビーカラーの「焼鉄色」をポンポンする。。。です。

「ポンポンする」というのはその表現通り、エッジを中心にスポンジに薄くついた塗料をポンポンと落とす感じです。
決して「塗ったり」、「こすりつけたり」するのではなく、軽くポンポンするのです。

もちろん、スポンジにたっぷり塗料がついていたらそれらしくならないので、筆でウェザリングやるのと同じように、ティッシュで塗料をかなり落としてからやります。
MGUF22-1.jpg←がポンポン終了後の状態です。

エッジを中心にウェザリングしつつも単調な表現にならないよう強弱をつけたほうがかっこよく見えます。

僕の中ではほかのパーツとぶつかりそうな箇所は濃いめに、あまりほかのパーツとこすれない箇所は薄めにポンポンしています。

MGUF24-1.jpg→腰基部背面の状態です。

バズーカラッチや懸架用のラッチの周りは当然、金属と金属がすれ合う箇所のはずなので、結構濃いめにウェザリングしています。

MGUF25-1.jpg←腰基部前面です。


MGUF27-1.jpgこのあと腰基部はいろいろウェザリングしたのですが、あまり目立たないので他の画像で説明するとして、早速脚部と合体~(。>ω<。)ノ

いつもこの瞬間がめちゃくちゃ好きなんですよね~

ちまちま作ったパーツを合体させたあとは、ついしばらく見入ってしまいます。
後ろの上半身も早く合体させてほしそうですね~(´∀`*)

MGUF28-1.jpg背面です。

MGUF26-1.jpgMGUF29-1.jpg
先ほどの腰基部のの説明ですっ飛ばした部分ですが、↑が僕のウェザリング道具です。

焼鉄色をスポンジポンポンした後は、リアルタッチマーカーとタミヤのウェザリングマスターを使って仕上げていきます。

リアルタッチマーカーは全色持ってはいるのですが、実際に使う色は↑の6色くらいで、かつ下3本の使用頻度がかなり高いです。
ウェザリングマスターは↑の5種類持っていますが、やはりBとCの使用頻度が高いです。
とりあえずウェザリング始めてみようかな~という方はリアルタッチマーカー3本とウェザリングマスターB+Cを揃えるのが効率的ではないかと思います。

MGUF31-1.jpgそれでは動力パイプを使って、ウェザリングの方法を説明してみたいと思います。

僕は多くの場合、リアルタッチマーカー→ウェザリングマスターの順番で使います。特に意味はありませんが、ウェザリングマスターの上からリアルタッチマーカーを塗るのが何となく塗りにくいと感じたからです。

またリアルタッチマーカーも基本はグレー2が中心で、まずグレー2から塗り始めます。

←の画像はつや消し+焼鉄色ポンポン+グレー2まで終わった動力パイプです。

MGUF32-1.jpg次にもう少し陰影をつけたい部分にグレー1を乗せていきます。

その画像が←です。

はい。。。撮影失敗ですね┐(´-`)┌
画像ではまったく違いが判りません。。。

MGUF33-1.jpgさらに赤錆を表現したい箇所にブラウンを配色します。

このブラウンは差し色としてとても映えるので、ついついたくさんやってしまいそうになるのですが、あまりやりすぎないよう自分を抑えるのが大変です。

ブラウンを追加した画像が←です。

はい。。。撮影しっ。。。( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!

MGUF34-1.jpg次はウェザリングマスターの出番です。

リアルタッチマーカーはとても便利なのですが、そこはやはり『マーカー』なので、そこはかとなくわざとらしさが出てしまいます(まぁ、僕の腕なんでしょうが。。。)。

そのわざとらしさをごまかす緩和するために、ウェザリングマスターで色調を整えます。

今回は「C」の真ん中のガンメタルと右のシルバーを使っています。

MGUF30-1.jpgはい。仕上がりました。

画像左が完成したもの、右がポンポンだけやった状態のものです。

さすがにこれは違いが判りますが、ウェザリングマスターの効果がかなり強調されており、リアルタッチマーカーを本当に使っているのか?!という突っ込みが入りそうです。

ウェザリングについては写真撮影も含めてまだまだ研究余地が多いですね((((;´・ω・`)))

MGUF37-1.jpg
両方のパイプが完成したので、とりあえず上半身と合体~

MGグフって初めて製作しましたけど(グフカスタムは作ったことあります)、かっこいいですね~

画像の右下にピンクのスポンジが写ってますね。。。ポンポン用のスポンジです。

いろんな角度から何枚か。。。

MGUF38-1.jpgMGUF39-1.jpg

MGUF40-1.jpgMGUF41-1.jpg

今回は僕のウェザリングのやり方について記事にしてみました。

始めたばかりで正直右も左もよくわかっていないので、どなたか詳しい方や手法をご存知の方がいらっしゃったら、情報交換したいと思っているので、コメントなどください<(_ _)>

次回は完成写真を記事にする予定です~

ではまた



関連記事
スポンサーサイト

Comments






製作記一覧
MASTER GRADE
ZAKU II (DOZLE CUSTOM)

GOUF (M'QUVE CUSTOM)
DSC_5306-tr.jpg
MARASAI (UNICORN COLOR Ver.)
DSC_5013-1-tr.jpg
SINANJU (ANIMATION Ver.)
DSC_4553-1-tr.jpg
GEARA DOGA

CROSSBONE GUNDAM X2

STRIKE GUNDAM+I.W.S.P.

PERFECT STRIKE GUNDAM Ver.RM
DSC_3619-1-tr2.jpg
AILE STRIKE GUNDAM Ver.RM &I.W.S.P.

STRIKE NOIR

JESTA

ReZEL TYPE C [a+bUNIT][GR]
DSC_0799-1-tr.jpg
SINANJU STEIN Ver.Ka

GP02A PHYSALIS
DSC01512-1-tr.jpg
νGUNDAM Ver.Ka
DSC00493-1-tr.jpg
ZAKU II WHITE WOLF
DSC00526-1-tr.jpg
GOUF CUSTOM


HIGH GRADE
SCHWALBE GRAZE

MS Optionset1 & CGS Mobile Worker

GRAZE

GUNDAM BARBATOS

MESSALA


REAL GRADE
Z'GOK (CHAR CUSTOM)
DSC_5682-1-tr.jpg
ZEPHYRANTHES

Z GUNDAM 3


I.M.S.
BATSH the Black Knight

the BANG


その他いろいろ
INGRAM
DSC_4615-1-tr.jpg
BB戦士Hi-νGUNDAM
DSC_2975-1-tr.jpg
BB戦士SAZABI
DSC_3470-1-tr.jpg
VALVRAVE III(火神鳴)

VALVRAVE I(火人)

LBX042 DOT PHASOR


工具 DSC_5209-tr.jpg
製作工具(よく使うもの)
レビュー一覧
GUNDAM FIX FIGURATION
#0001 フルアーマーガンダム

#0003 GP01 ゼフィランサス

#0008 GP02A サイサリス

#0010 ガーベラテトラカスタム

#0014 Ex-Sガンダム(T/F α)

#0015 ヘビーガンダム

#0016a クロスボーンガンダム[X-1]
DSC_0364-1-tr.jpg
#0017b Zプラス
DSC_5998-1-tr.jpg
#0019 ガンダムMk-II

#0025 クスィーガンダム

#0028 ガンキャノン
DSC_0710-1-tr.jpg
#0030 Z II

M/C サイコガンダムMk-II
DSC00856-1-tr.jpg
M/C ガンダムTHE ORIGIN


ROBOT魂 DSC00622-1-tr.jpg
Ka× バイアラン・カスタム
DSC00686-1-tr.jpg
Ka× ガンキャノン・ディテクター

Ka× ボリノーク・サマーン
DSC_5723-1-tr.jpg
Ka× ガンダムMk-V

SIDE HM エルガイムMk-II


S.I.C.
#035 ブレイド

#052 カブト

#057 W サイクロンジョーカー
DSC00537-1-tr.jpg
#064 オーズ・タトバコンボ
DSC_5431-tr.jpg
#067 キックホッパー&パンチホッパー

限定 オーズ・タジャドルコンボ(ロストブレイズVer.)

限定 オーズ・シャウタコンボ

限定 NEW電王ストライクフォーム


合金系玩具
EX合金 エネルガー1969

EX合金 ゲッター1 リペイントver.

EX合金 ゲッター2 リペイントver.

EX合金 ゲッター3 リペイントver.

EX合金 ゲッターシリーズ1&2&3

S.R.C. 真ゲッター1 OVA版

S.R.C. アンチグレンラガン
DSC00591-1-tr.jpg
S.R.C. アクエリオンEVOL

超合金魂 ウォーカーギャリア
DSC_5860-1-tr.jpg
超合金魂 ザブングル

MAX合金 THE ビッグオー

ソフビ人形 ビッグデュオ

ソフビ人形 ビッグファウ


その他いろいろ
D-Arts アリサ・イリーニチナ・アミエーラ神機銃形態(ガンフォーム)装備
DSC_5793-1-tr.jpg
FORMANIA νガンダム
DSC_5637-1-tr.jpg
VARIABLE ACTION 光武(さくら機)
DSC_1535-1-tr.jpg
R.P.R. ビルバイン
DSC_1095-1-tr.jpg
GUNDAM CONVERGE SP02
DSC00984-1-tr.jpg
MAZINGER 1901
DSC00956-1-tr.jpg
L.O.B. vol.1 ダンバイン
欲しいものリスト
欲しいものを載せています。でも買うかどうかは検討中。。。

アマゾン
MG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78 ガンダム(仮) 1/100スケール 色分け済みプラモデル
THE ORIGIN RX-78 ガンダム
HG 1/144 プロトタイプグフ (戦術実証機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD)
"HG プロトタイプグフ(戦術実証機)
HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機)
HG 1/144 高機動型ザクII オルテガ専用機 (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
"HG 高機動型ザクII オルテガ専用機
HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG MS-06S シャア専用ザクII
HG 1/144 MS-06R-1A 高機動型ザクII (ガイア/マッシュ専用機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
"HG MS-06R-1A 高機動型ザクII(ガイア/マッシュ専用機)
1/100 ガンダムバルバトス(仮) (機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)
"1/100 ガンダムバルバトス
1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]
1/20 H.A.F.S. グラジエーター [後期量産型]
1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット
1/35 スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット
プレミアム バンダイ
プレミアムバンダイ

MG ジェスタ・キャノン

HG プロトタイプ・グフ(機動実証機 サンドカラーVer.)

HGUC ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)
当サイトはリンクフリーです
相互リンクしていただける方は大歓迎です。 相互リンクを希望される場合は記事のコメント欄にご一報いただけるとありがたいです。
我が家は塗装ができない 「はがない」風 200px × 50px 我が家は塗装ができない 「まどマギ」風 200px × 50px 我が家は塗装ができない 「ブログタイトル」 200px × 50px
プロフィール

もんびー

Author:もんびー
Since 08 Nov 2012
プラモデル製作を開始したばかりなので製作記はぼちぼち更新するつもりです。
できればこれまでに購入した玩具たちも紹介したい。
ただ、玩具の紹介はかなり偏っているので、可動範囲や詳細についてはほかの方のブログなどご参照ください。
基本的には自分の玩具・プラモデルコレクションのアルバム的なブログなので。。。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。